So-net無料ブログ作成

台風並み「猛烈低気圧」通過で週末は大荒れ [気象]

急速に発達する「猛烈低気圧」が6日から8日にかけて日本海上を通過する見通し。
全国的に、天気は大荒れとなり、春の嵐となると予想されています。

海上では暴風に伴う高波や高潮、積雪の多い地方では雪崩や土砂災害の危険性があります。

日本気象協会は、
「台風並みの勢力で、ほぼ全国的に暴風雨になる恐れがある」
「物が風に飛ばされるなど非常に危険な状態になる恐れがあり、
不要不急の外出は控えてほしい」

と注意を呼びかけています。


wk_130404tenki01.jpg

低気圧は、6日午前9時には、九州の西に移動し、中心の気圧は996hPa、
7日午前9時には976hPaと、24時間で猛烈に発達し、20hPaも気圧が下がる見通し。

これは、記録的な暴風をもたらした2012年4月3日と同じような気圧配置で、
警戒が必要です。


南から湿った暖かい空気が大量に流れ込む影響で、低気圧は6日朝から急速に発達する見通し。
また、上空の偏西風から離れていることから、時速20~30キロとゆっくり進むことが特徴で、
地域によっては暴風雨が長時間続く恐れもあります。

西日本と東日本では6日から7日が暴風のピークで、最大瞬間風速は西日本で35メートル、
東日本で30メートルと見込まれています。


暴風に警戒が必要なのは、西日本は6日から7日にかけて、
東日本は6日の昼ごろから7日にかけて、
北日本は7日から8日にかけてで、
場所によっては、最大瞬間風速が30メートルを超えるところもあるそうです。

wk_130404tenki02.jpg


また、太平洋側を中心に、雷をともなって激しい雨の降るところがあるとのことですので、
不要・不急の外出は、控えたほうがよさそうです。


よりによって週末に猛烈低気圧が襲ってくるとは。
この猛烈低気圧で、桜が散ってしまいそうですね。
今週末に花見を予定していた方は残念ですね。



nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。